2009年6月9日火曜日

Super Cello Ensemble Tokyo を堪能

数年ぶりに丸山泰雄率いるスーパー・チェロ・アンサンブル・トウキョーのステージ演奏を聴いた。

ホールは初めて行った三鷹市芸術文化センター。 JR三鷹駅を出てバス停を探していたら同じチラシをもったオバサマに声をかけられた。 
「やっとここまで来れたけれど、この先の行き方がわからなくてご一緒してもいいかしら。」

バスの中で会話していたら、この演奏会を後援している日本現代音楽協会の会員で作曲家の方とわかってビックリ。 「これまで歌の曲を中心に作曲してきたけれど、弦楽器のための曲も書きたくなって今日はチェロのことを勉強しに来たのよ。」

幅広いジャンルで活躍する平野義久氏がこの演奏会のために書き上げた新曲は、バロック音楽流儀と現代音楽セオリーを融合した意欲作。さすがコンクール上位入賞者で構成されているだけに素晴らしいアンサンブルを堪能した。 

こういう意欲的なコンサートの客席にはプロアマ問わず、もっと同じチェリストが集まってもいいんじゃないかな。

1 件のコメント:

千花 さんのコメント...

この日は嵐のような日でしたね。私もこのコンサートを聴きに行っていました。
チェロのコンサート自体まだあまり聞いたことがなかったのに12本も並ぶチェロ!!!
衝撃でした。